Monday, September 28, 2009

トルコの口笛族

今朝NHKラジオで聞いた話。トルコのある地域では小鳥がさえずるような口笛で会話がおこなわれる。数字も伝えられる。200メートル離れても会話できる。山が多い地域なのだろう。遠くに離れた人同士で話すのに使われているとのこと。でも最近の若者は携帯を使ってしまうので口笛会話がすたれつつある。

番組でも地名が紹介されていたが、覚えられなかった。という話をtwitterに書いていたら、調べてくれた人がいた。これによると、Kuskoyという場所のようだ。クシュコイと読むらしい。鳥の村という意味だそうだ。

番組で紹介されていた会話では、「今年のヘーゼルナッツの相場はどうかね」「まだ安いから倉にしまっておいた方がいいよ」というような例が紹介されていたが、私には鳥がないているだけのように聞こえた。

No comments: