Tuesday, October 27, 2015

Google docsの明朝体フォント

Google docsで日本語フォントの中で、明朝体を選ぼうとすると、MacOSから使っている場合ヒラギノ明朝が選べます。明朝体のままプリントしたい場合、PDFでダウンロードすると、これがなぜかゴシック体になっているのです。

子供の学校の課題で、明朝体で提出せよという指定だったので困ったわけですが、一旦docx形式でダウンロードしてMacOSのpagesで見ると明朝体のまま取り扱えました。最初からpagesを使えば良かったのでしょうかね。Google docsのPDF変換のツールが見ているフォントに明朝体がなかったのでしょうね。それと、Google docsからはOSの種類やフォントがわかるってことですね。

Chromebookで見てみると、明朝体にはMS明朝があるんですね。どういうこと、これ。MSからフォントを買ってるのでしょうか。そのまま印刷画面に行くと明朝体で表示されました。

試す環境がないのですが、WindowsからGoogle docs使うとまた違った動きをするんでしょうね。