Monday, May 23, 2016

Raspberry Pi FreeBSD。ScanSnapのサーバにする

Saneという名前は聞いたことがあったが、ScanSnapのデータが読めるとは思わなかった。

まず、sane-backendsをインストールする。

pkgが最後に使い方についていろいろ言ってくるが、まず以下の出力を見るように言われる。

root@rpi-b:/home/freebsd # usbconfig list
(略)ugen0.5: at usbus0, cfg=0 md=HOST spd=HIGH (480Mbps) pwr=ON (98mA)




この0.5ということを調べて、デバイスの情報を得る。
root@rpi-b:/home/freebsd # usbconfig -d 0.5 dump_device_desc
ugen0.5: at usbus0, cfg=0 md=HOST spd=HIGH (480Mbps) pwr=ON (98mA)

(略)
 idVendor = 0x04c5
 idProduct = 0x11a2


そしてこの情報をsaned.conf というところに入れて、

root@rpi-b:/home/freebsd # cat /usr/local/etc/devd/saned.conf
notify 100 {
       match "system" "USB";
       match "subsystem" "INTERFACE";
       match "type" "ATTACH";
       match "cdev" "ugen[0-9].[0-9]";
       match "vendor" "0x04c5";
       match "product" "0x11a2";

       action "chown -L cups:saned /dev/\$cdev && chmod -L 660 /dev/$cdev";
};


devdをリスタートする。

root@rpi-b:/home/freebsd # /etc/rc.d/devd restart

すると、scanimageでスキャナが認識できる。
root@rpi-b:/home/freebsd # scanimage -L
device `fujitsu:ScanSnap S1500:14489' is a FUJITSU ScanSnap S1500 scanner

GUIを使うつもりはないので、コマンドラインで操作する。
テストの紙をスキャナに一枚入れて、以下のコマンドを実行すると、あら不思議。
root@rpi-b:/home/freebsd # scanimage --device-name='fujitsu:ScanSnap S1500:14489' --format tiff > test.tiff

紙が吸い込まれて、tiffのイメージができた。

なかなか愉快だ。
まあLinuxでも同じでしょう。

No comments: